ラオン先生の反復ネットの評判

ラオン先生の反復ネットの評判

ラオン先生の反復ネットでは、小中学生を対象とした算数・数学問題集として、学習指導要領に即した2400種類以上の問題集を備えている通信制のサービスが提供をされています。
完全にデジタルではなく、苦手な分野を自分でチョイスして、問題集のプリントをダウンロードを行い、紙媒体となった問題集を、子供に解かせる。と言うシステムで提供をされています。

 

タブレットを利用した学習教材が多くなってきていますが、親の世代では紙媒体が中心となっていたので、デジタルのタブレットで学習をさせる事に、不安を感じている親には向いているサービスになっていると思います。
学年にもよるかと思いますが、プリントアウトは小学生低学年の場合には、親が行うと思いますので、子供がきちんと問題を解いたか?と言う点をしっかりと親の方でも把握をする事が出来るので、子供の勉強への取り組みなども、親が自然と二人三脚で取り組めるシステムとなっているのも魅力の一つと言えると思います。

 

実際にラオン先生の反復ネットの公式サイトなどを見て見ると、親からの評価が紹介をされています。以下は公式サイトからの引用箇所となりますが、参考にしてみて下さい。

 

予習の形でするようにしましたら、授業がとてもよく解かるようで、算数苦手がちょっと変わって来ているようです。
(Yさん[小学4年生]のお母様から)

 

先日、算数の先生から「計算がめちゃ早い!正確!」と誉められたらしいです。そのとき、先生は「(大手他社の教材)をやっているでしょ」と息子に言ったらしいですが、私は、ラオン先生のプリントのプリントの成果だと思っております。
(A君[小学4年生]のお父様から)

 

中には上記をご紹介をしていませんが、子どもが直筆でラオン先生に感謝の言葉を述べている文章なども紹介をされています。
ちょっと最新のタブレットを利用した学習教材と比較をしてしまうと、正直言ってしまうと、何だか古臭い方法。と言う印象も率直に言えば受けるのですが、子供の勉強に自然と親も付き合う形が出来ると言う点では、このシステムは非常に良いポイントとなっている様にも思えます。

 

学習教材を選ぶ際には、どうしても親の主観も入った上での選択になると思いますが、個人的に見ても、ラオン先生の反復ネットは悪い物ではないですね。

 

ラオン先生の反復ネットの公式サイトはこちら


オススメ学習教材

概ね、資料請求などで、実際の教材が一部サンプルとして送って頂ける事が多い教材を紹介しています。少し手間暇が掛ると思いますが、一つではなく、二つ、三つ位、同時に資料請求をしてみて、それぞれの教材を見比べるのが良いと思います。

ジャストシステム社の『スマイルゼミ』

城南マナビックスと同様に、ジャストシステム社が手掛けている、タブレットを使用した通信教材サービスが『スマイルゼミ』となります。小学生に限定をしたサービスが開始されており、Webサービスとの連動がしっかりと計られています。月額利用料としては約3000円からとなっているので、通常の通信教材と同等か少し安い金額で始める事が出来る点も魅力の一つと言えるでしょう。『スマイルゼミ』の公式サイト内では学年ごとの利用料金であったり、従来の通信教材との違いについて、しっかりと説明をしているので、興味のある人は公式サイトをチェックしてみて下さい。



スマイルゼミ

高い東大合格実績を誇る『Z会の小学生講座』

イメージとしては高校生が大学受験が利用をする通信教育と言う感じがしますが、小学生にも対応をした教材のサービスが提供をされているのがZ会になります。超難関大学への合格実績と言う点では、通信講座の中では、かなり高い実績を誇っている同社が手掛けている小学生講座と言う事で、取っつき難いイメージを持ってしまう人も多いとは思いますが、実際には小学生の段階では、難関な問題を解かせる。と言うよりも、勉強をする習慣を身に付けさせつつ、柔軟な発想力を養う事に重きを置いているイメージがあります。Z会については、お試し教材と言うが無料で貰える事が出来る様になっているので、実物の教材を手に取ってチェックをする事が出来るのが嬉しいポイントと言えると思います。



こっそり情報:Z会は当サイトではぶっちぎりのNo.1で資料請求をされています。

↓資料請求だけでもしておいた方が良いですよ♪↓

30年以上の歴史を持つ、通信教育の定番の『進研ゼミ小学講座』

進研ゼミと言えば、恐らくほとんどの人が知っている、通信教育の超大手となっています。会社名としてはベネッセとなります。今では社会人向けの教材なども多く扱っていますが、やはり一番、同社で有名な教材としては、やはり進研ゼミになると思います。チャレンジと言う名称でテレビなどもたくさんの広告の出稿をしているので、気になっている親も多いのではないでしょうか?当然教材は教科書に準拠したテキストとなっているので、学校の勉強対策にも最適な教材となっています。1週間分の無料教材を貰う事が出来るので、実物を試した上で、検討をする事が出来る点も嬉しいポイントと言えると思います。



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

老舗通信教育の『小学ポピー』

老舗となる通信教育の一つが月間ポピーとなります。対象学年は幅広く用意をされているので、いずれかの学年の時にお世話になった。と言う人も多いと思います。老舗ならではの長く親しまれている昔ながらの良い部分を残しつつ、最新の傾向を踏まえた上でのテキスト作りや、会員に対してのサポートの拡充と言った点では、徐々に発展をしてきているサービスとなります。対象となっている学年は、幼稚園生から中学生までとなっていて、お子さんが居る家庭で実際に使用をしている体験者の声では、良い体験談が多く紹介されています。

月刊教材ポピー

書く力、考える力を育てる『ブンブンどりむ』

齋藤孝先生監修のもと、小学生を対象とした作文の通信講座のサービスを提供しているのが『ブンブンどりむ』になります。丁寧な作文添削指導と楽しい教材で、書く力、考える力を育てる事が目的として行われているのが特徴です。子供の課題シート提出率も80%と高い数字になっている事から、継続してしっかりと学習をしている子供の率が高いのも特長となっているサービスです。

ブンブンどりむ

御馴染のドラえもんと一緒にお勉強が出来る『ドラゼミ』

口コミでの評判も高いのが『ドラゼミ』となります。独自のカリキュラムとなっていますが、そのカリキュラム自体の評判も高く、実際に体験をしている人達からは好評価となっている学習教材となっています。まずは気軽に資料請求をしてみて、送られてくる資料を自身の目でチェックをしてみるのが良いと思います。

ドラゼミ

e点ネット塾「公立中高一貫受検対策」

過程で行う事が出来る、インターネットを活用した学習教材として、中高一貫教育の学校に子供を入学させたい。と考えている人にオススメなのがe点ネット塾の「公立中高一貫受検対策」となります。e点ネット塾自体は、インターネットを活用した学習サービスを、早くから開始を行っているサービスとなり、十分なノウハウをすでに有しているサービスとなっています。その中から「公立中高一貫受検対策」のメソッドを特化させているコースとなります。

e点ネット塾「公立中高一貫受検対策」

リクルート社の格安学習『勉強サプリ』(現:スタディサプリ)

受験サプリのテレビCMを見た事がある。と言う人は多いと思います。多数の教科を受ける事が出来て、価格破壊と思える料金設定となっている事に驚いた方も多いと思いますが、その受験サプリの小学生高学年から中学生までをカバーしているのが、勉強サプリとなります。受験サプリ同様に、非常にリーズナブルな価格設定をされているのが特長となっていて、まずは費用を抑えて、自分の子供の学習意欲を図りたい。と考えている人にはオススメのサービスです。(現在はスタディサプリと名称が変更となりました。)



Z会&アドセンス広告